Home > 千葉県下エリアの博物館 > 市川市立市川考古博物館・市川歴史博物館

市川市立市川考古博物館・市川歴史博物館

千葉県市川市

  古代から現代まで無料で学ぶ

無料駅近ユカイ憩

市川市立市川考古博物館・市川歴史博物館

太古の昔の人たちのゴミ捨て場だった貝塚は、古代人の生活を伺い知る貴重な歴史遺産。千葉県にはなんと約700カ所も貝塚が点在し、その割合は全国の3分の1にものぼります。そのうちの54カ所は市川市北部に集中しており、貝塚のメッカのような場所だとも言えましょう。

北総線北国分駅から歩いて行ける位置にある堀之内貝塚は、約4,000年前から2,500年前にかけて形成されたもの。数多くの出土品が発掘され、なかでも土器は堀之内式土器と名付けられて、縄文時代後期前半の標式土器になっています。
堀之内貝塚周辺は公園になっていて芝生が植栽されているので、のんびりとお弁当をひろげたりするのに最適。ひろびろとした開放的な気分を味わえます。

貝塚のすぐそばには「考古博物館」と「歴史博物館」があり、どちらも無料で見学できます。考古博物館から歴史博物館へと順に巡れば、市川とその周辺の歴史を年代順に体系的に把握できますので、両方訪ねましょう。

考古博物館では、一気に市川の半分がまだ海だった頃まで遡ります。館内に入ってすぐに登場する巨大な骨は、5千年くらい前のコククジラの骨格標本。これも市川市内で出土したものです。
堀之内貝塚から伺い知る歴史的事実をジオラマ化した展示もあり、イカの干物を食べていたのでは?と言われているのもなんとも意外な発見ですよね。
ほかにも縄文時代から平安時代にかけての諸資料が展示されています。

続いて歴史博物館へ。
こちらでは鎌倉時代から現代にかけての市川を学びます。江戸時代には塩田による製塩業が盛んになり、明治時代になると海苔の養殖が勃興した沿岸部の暮らしのほか、現代でも続く台地の人々の梨づくりを覗いてみましょう。
館内には実際の民家の一部が移築されており、さまざまな民具とともにかつて使われていた稲作農具からも昔の生活のありようを知ることができます。

また歴史博物館では、毎週土曜・日曜の13時半から「昔の遊び体験」や「火打ち石による火おこし体験」などを実施しています。その都度テーマは変わります。事前申し込みは不要で、料金もかかりません。


市川市立市川考古博物館・市川歴史博物館
住所  考古博物館:千葉県市川市堀之内2-26-1、
歴史博物館:千葉県市川市堀之内2-27-1
電話  考古博物館:047-373-2202、
歴史博物館:047-373-6351
開館  9時~16時半
休館  月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)、12/28~1/4
料金  無料
交通  北総鉄道北総線北国分駅 徒歩約7分
特記   

画像引用:市川市広報広聴課様 (http://www.city.ichikawa.lg.jp/pr/tokusyu290502.html)

近くの博物館もチェック

市川市動植物園

千葉県市川市

  流しカワウソを見に行こう

市川市動植物園ユカイ憩

Recommendation