Home > 埼玉県エリアの博物館 > 埼玉県立自然の博物館

埼玉県立自然の博物館

埼玉県長瀞町

  埼玉3億年の旅へ出発だ

駅近ユカイ憩

埼玉県立自然の博物館

ライン下りと岩畳で名を馳せる長瀞渓谷(ながとろけいこく)にある自然博物館。その歴史は大正10年(1921年)に開設された「鑛物植物標本陳列所」に遡るほどの、伝統ある博物館です。昭和24年(1949年)には「秩父自然科学博物館」と名前を変え、秩父を中心とした埼玉の自然とその変遷に関する生物・岩石・化石資料や、自然と人との共生に関する資料を展示してきました。

昭和56年(1981年)には秩父鉄道株式会社から埼玉県に所有権が移り、「埼玉県立自然史博物館」と改称。平成18年(2006年)に再度改称して現在の名前になっています。

館内は常設展示の1階と企画展示の2階に分かれていて、1階はさらに3つのゾーンに区分されています。
エントランスから続く「オリエンテーションホール」では、埼玉3億年の自然史の導入として、埼玉県深谷市で見つかった最大体長約13メートルに達したと推定される肉食巨大ザメ「カルカロドン・メガロドン」の歯化石や、秩父市などで発見された海獣「パレオパラドキシア」の化石を展示しています。

続いて「地学展示ホール」へ。こちらでは埼玉県でみられる岩石・鉱物・化石・地層などを年代順に展示。アケボノゾウの骨格復元模型や鉱泉・鍾乳洞など特徴的な地質現象などを学習していきます。
そして「生物展示ホール」で県内のさまざまな自然の中で生きる生物たちの姿を、復元ジオラマでチェックしましょう。埼玉にツキノワグマやカモシカが棲んでいるって知ってましたか?

博物館でひととおりの展示を見たあとは、長瀞散策へレッツゴー。岩畳や節理と断層なども予め学習しているので、より深く長瀞の魅力をモノにできますよ。


埼玉県立自然の博物館
住所  埼玉県長瀞町長瀞1417-1
電話  0494-66-0404
開館  9月~6月 9時~16時受付、
7月~8月 9時~16時半受付
休館  月曜(祝日、GW、7月、8月、県民の日の場合は開館)、年末年始
(※燻蒸、点検による休館あり)
料金  大人200円、大学生高校生100円、中学生以下無料、
(※障害者手帳持参者は無料)
交通  秩父鉄道上長瀞駅 徒歩約5分
特記   

画像引用:埼玉県立自然の博物館様 (http://www.shizen.spec.ed.jp/)

近くの博物館もチェック


Recommendation