Home > さいたま市エリアの博物館 > お人形歴史館 東久

お人形歴史館 東久

埼玉県さいたま市岩槻区

  年中雛祭り気分

憩風流昔

お人形歴史館 東久

さいたま市岩槻は人形の町。岩槻人形の隆盛も、最初は江戸幕府三代将軍・家光の時代に日光東照宮の造営において、工匠が岩槻に住み始めたことを発端としています。

このあたりが桐の粉末である桐粉の産地であったこともあり、桐粉に正麩糊(しょうふのり)をまぜて作った粘土から造型され、全て手作業で作られる人形は、岩槻藩の専売品に指定されるほど珍重されました。

人形の製造卸と小売をしているこちらのお店にある博物館は、約1,000体もの「岩槻元祖かみしも雛」をはじめ、立雛、寛永雛、元禄雛、享保雛、古今雛、次郎左衛門雛、有職雛などのさまざまな雛人形や五月人形、合計1,500体を展示。昔と今の名工の作品を見較べて、時代の移り変わりに思いを馳せてみては?

さらに詳しく人形に親しみたいならば、木目込み人形作り体験もできるので(有料)、前日までに予約してチャレンジを。


お人形歴史館 東久
住所  埼玉県さいたま市岩槻区加倉1-7-1
電話  048-757-3032
開館  9時半~17時
休館  水曜(※11~4月は無休、臨時休館あり)
料金  大人300円、中学生以下無料
交通  東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)岩槻駅 徒歩10分
特記   

画像引用:さいたま市商業振興課様 (http://www.saitama-dentousangyou.com/18/)

近くの博物館もチェック


Recommendation